企業買収で失敗したくないなら事前の確認が重要

企業買収をしたいと思うタイミングとは

企業買収をしたいと思うタイミングは「事業拡大」を目論むタイミングと一致します。投資額を少しでも減らせる可能性があるためです。

企業買収で失敗したくないなら事前の確認が重要

社内

企業買収をするメリット

企業買収をするメリットは、企業経営を強化することにあります。買収先の企業の経営ノウハウや製造ラインなどの資産を買い取ることで、大きなコストを掛けることなく新規事業に参入することも可能です。また、買収先の企業の生産率と合わせて、国内最大手企業に躍り出ることも可能となります。

企業買収前に確認しておきたいこと

企業買収を行う前に確認すべきことは、自社の経営体制です。定款を見直し、株主総会議事録の作成がなされているか、役員変更などの登記がきちんとなされているかを確認します。また株式の発行株数と株主の把握なども必要不可欠です。
また、企業内で「企業買収を試みる目的」について意思の疎通を行う必要があります。

コンサルティング会社の無料相談について

企業買収を目論む場合、コンサルティング会社の無料相談を利用することをおすすめしています。企業の体質的に買収がむいているのかどうかといった基本から、どのような企業を買収すべきなのかを知ることもできます。無料相談はコンサルティング会社との相性を見極める時間としても位置付けられており、相談を経て依頼を検討することも一案です。

企業買収の失敗原因について把握しておく

経営の戦略として企業買収が今や珍しいものではなくなりましたが、その7割は失敗に終わっているとされています。膨大な費用と時間がかかる企業買収ですので、過去の失敗原因について把握する必要があります。「戦略の甘さ」「買収先企業の過大評価」「買収後の統合失敗」が挙げられます。特に統合失敗が大きな割合を占めているため、買収がゴールではない事を覚えておきましょう。

広告募集中