企業買収をスムーズに進める際に大切なこと

企業買収をスムーズに進める際に大切なこと

男性と女性

身内での企業買収契約で気をつけたいこと

親会社・子会社といった身内間の企業買収契約の場合、買収契約の条件が一方的なものになる可能性があります。特に買収が成立することで、子会社に勤務する社員の士気低下がみられる、退職者が続出するなど、いわば「空箱」買収につながる可能性も含みます。会社の統合失敗という結果を生むことになりますので、条件に関しては身内のグループ企業だとしても平等な条件であることが必要不可欠です。

よくある企業買収トラブル

企業買収のトラブルで多いのが、買収を反対する経営陣がいるため、足並みをそろえることができないまま中途断念というケースがあります。また、買収監査を行う中で背任などの不正が明らかになる他、工場の機器が古く更新が必要であることが分かったというような、買収先の欠点が明らかになるという事態もありうる話です。

トラブルを避ける為にできることとは

トラブルによって企業買収を断念・破談になるということはできる限り避けたいものです。トラブルを避けるために、売り手企業に情報開示を求める他、互いの経営陣が秘密裏に交渉を進めることが必要となります。また、買い手企業は買収資金を回収できる価値がある企業かどうか過大評価せずに見極める事も大切です。

ベンチャー企業の企業買収が増えている理由

ベンチャー企業による企業買収が増えています。常に新しい事業を画策するベンチャー企業にとって、人材確保につながりますし、新規事業参入の足掛かりや代替手段として利用価値を見いだしている事がこの理由にあたります。戦略的買収を重ねることで、「ユニコーン企業」として成長を遂げることを目的とする企業もあります。

ネットでコンサルティング会社の情報を集めるにはここがポイント!

ネットで企業買収を行うコンサルティング会社の情報を収集するには、検索上位の会社だけをピックアップするのではなく、実績を持っている会社・実績紹介があれば企業名をチェックすることも視野に入れましょう。

企業買収を検討している人からの疑問

企業買収が失敗した時には費用がかかりますか?

ノンネームシート(事業概要書)を作成するための初期調査費用やマッチング企業との引き合わせまでの経費は初期費用として発生します。また、タイミングによっては買収監査の費用が発生します。コンサルティング報酬に関しては、成功報酬制ですので費用は発生しません。

広告募集中